魅せ技編2-2

魅せ技編 2-② ツイスターを実戦でキメるために

前回でツイスターの一連の動作について解説しました。
やっぱりこの「スナップ」でボールを引き上げるのが難関で、
練習量は一定量必要なのは否めません。
「蹴り上げる」のではなく、「引き上げる」イメージを持って
軸足バックステップを忘れずに!

画像1

さあ、ある程度動作が体に定着してきたら
いつ、どうやって使うか?ですね。
いつも通り
間合い=距離と角度
から行きましょう。

ツイスターの距離感

この続きをみるには

この続き:2,396文字/画像8枚
記事を購入する

魅せ技編 2-② ツイスターを実戦でキメるために

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『多くの失敗や否定に感謝できた日』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n06ceec437a73 『岡部将和プロフィール』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n7d7468e0d7fc

4
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。