見出し画像

カットインのステップ

ドリブルをステップに着目して解析する本シリーズ、前回の縦一閃に続いて
今回はカットインです!
通常カットインは「縦からのカットイン」を勧めているんですが

縦と見せて中


ここでは敢えて、「中と見せて中」という
ガンガンにこじ開けていくカットインを紹介していきます!

中と見せて中

タップカットインとは

実際、タップカットインはこんな感じです。

ガイアスリン_14

タイミングずらしで抜く、というのがこのテクニックの肝です。
カットインするボールタッチと見せかけて着地(地面をタップ)
そこから一気に加速して相手を振り切りにいきます。

タップカットインは完全に抜き切るというよりもずらしにいく、というイメージが強いです。もちろん抜き切れる場合もありますが、一気にカットインに飛び出すというよりも、コンパクトに加速してシュートコースを確保する感じです。
僕はタップカットインで仕掛ける場合、3歩でシュート、あるいは次のタッチを行います。一方踏み込みカットインや軸足飛ばしの【縦からの中】の時は、一気に飛び出して完全に振り切ることが多いので、5歩後にシュートが基本です。

画像4

【縦からの中】の方が一度DFを後ろ重心にするので抜き味は良いのですが、ある程度角度をずらしてヨーイドンで勝てる角度に近づく必要があります。一方、
【中からの中】は、ずらしてシュートコースを確保するイメージなので前者より抜き味は劣りますが、180度に近い角度でも仕掛けられます。つまり、「円状に迂回する」という過程を省略できる、という利点もある事を頭に入れて置きましょう。

タップカットインのステップ

前置きが長くなりました!それではタップカットインのステップを解説していきます。いつものドリブルマーカーで表現すると、こんな感じです↓

この続きをみるには

この続き: 2,132文字 / 画像10枚
記事を購入する

カットインのステップ

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が参加している募集

習慣にしていること

7
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演⚽️ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい

こちらでもピックアップされています

★定期購読 岡部将和ドリブルnote (毎週更新)
★定期購読 岡部将和ドリブルnote (毎週更新)
  • ¥1,000 / 月

日々ドリブルが進化していく毎週更新型マガジン ドリブルデザイナー岡部将和の全てがここに! 毎週1巻 更新 (月4作品)【定期購読】月額 1000円 ※登録した月から全記事 読み放題

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。