テクニック編第4章の表題

テクニック編第4章① 切り替えタッチ

この章を読めば、ドリブル速度を最大にすることができます!
ここで指すドリブル速度最大とは、最も「時間のロス」がないドリブルのこと。

「時間のロス」はどこで起こるか。実は前章で紹介して来た「軸足リード」をしているときに起こります。「軸足リード」はいつでも勝負に行ける臨戦状態である反面、ドリブル速度自体は低いんです。
 一方フリースペースを行くような「軸足バック」状態でのドリブルは、
DFの足が届く範囲にいるとボールを失いやすい反面、ドリブル速度は高い。
 下の動画を見てもらえればわかりやすいと思います。

 
繰り返しになりますが、
前章の臨戦タッチで触れてきた「軸足リード」
いつでも勝負(スプリント)に行ける姿勢であって、速度自体は高くありません。
逆に速度が最も高いのは「軸足バック」です。「軸足バック」は
最高速でボールを運ぶことができますが、1対1の駆け引きには向きません。

つまり
できるだけ「軸足バック」で運び、「DFがギリギリ足が届かない距離」に到達したら「軸足リード」に切り替える。
これが最も時間のロスがない形=ドリブル速度を最大にする形です。
 一方「DFがギリギリ足が届かない距離」に達していないのに「軸足リード」に切り替えてしまう場合は、無駄にスピードを落とし、トータルとして遅いドリブルになってしまいます。
 逆に「DFがギリギリ足が届かない距離」に入っているのに「軸足バック」のままだと、相手DFにボールを奪われるリスクが増大します。
まとめると下の図のようになります↓

この続きをみるには

この続き:476文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
全21巻 単品価格10,500円→21巻セット価格7,000円 ⚠️単品での購入と同じ内容となりますので、 単品購読されている方は間違えてご購入しないよう気を付けて下さい。

【テクニック編】 全21巻フルセット価格 7,000円 ロジックを実践するテクニックが身につきます

または、記事単体で購入する

テクニック編第4章① 切り替えタッチ

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『多くの失敗や否定に感謝できた日』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n06ceec437a73 99%抜けるドリブル理論(無料版) https://ja.dribbledesigner.com/n/n7ec5ec604e39

28
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。