各章の表題_note_のコピー3-2

魅せ技編3−② ヒールリフトでどう抜くか!?

投げる軌道はDFと自分の間
ヒールリフト=頭上越えの技
と思われがちですが、必ずしもそうではありません。
自分が走り抜けたいルートを想定すると、
むしろ頭上通さないほうが都合が良いことがわかります。

頭上を通せば確かにDFの真裏に行けて抜き味抜群ですが、
自分が通れるのはDFの右か左だけ。
真裏にボールが落ちると若干遠回りなんです。

スクリーンショット 2019-11-07 10.09.47


自分の真上であれば都合もいいし、よりDFにカットされづらく安全、
かと思いきや、
自分の真上だとボールの視認が遅れたり、
ボール位置や周囲のプレーヤーを視野に収めづらかったりと、
こちらも何かとプレーしづらい。

だから
自分とDFの間の空中を通してあげると、
カットされずかつ次のプレーがやりやすい

というわけです。

通し


まずは慣れるまで、
下半身をひねってボールを目視しながら持ち上げて
あげれば、
この自分とDFの間の空中を通すことは簡単です。
DFの頭上や自分自身の頭上ではなく、
自分とDFの間の空中 

と念頭に置いてあげるだけで十分なので、まずは実際にやってみて、
感触を確かめてみてください。

ひねりと

慣れてきたら、目視は持ち上げる瞬間までで、そのあとは
「視えている」程度、視界に入れておく程度にして次の「動作」の方に
集中すると、以後のプレーにスムーズに移行できます。


DFの足の届く範囲を通過する

ヒールリフトはボールを空中に逃すので、
動作が成功すればディフェンスにカットされる心配はありません。
だから体は思い切ってDFの足が届く範囲、
おなじみの「円状に広がる領域」に飛び込んでいきましょう。

画像4



いつも迂回したルートを、ショートカットできてしまう、ということですね!
ここまでnoteや書籍を読んでくださっている方なら、
このショートカットのありがたさは感じてもらえるのでは^ ^

比較

せっかくショートカットできるので、
僕はあえてDFと対峙する角度を180度付近でヒールリフトを発動します
(ボール、DF、ゴールが一直線に並んだ状態)。
角度がある状態からヒールリフトで抜こうとするなら
一度正対に戻してからのほうがやりやすいくらいです↓

この続きをみるには

この続き:1,971文字/画像7枚
記事を購入する

魅せ技編3−② ヒールリフトでどう抜くか!?

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『多くの失敗や否定に感謝できた日』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n06ceec437a73 『岡部将和プロフィール』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n7d7468e0d7fc

4
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。