表題_1-2

テクニック編 第1章② 距離を測る

DFとの距離を正確に測ることはこの99%抜けるドリブル理論において一番重要なポイントです。ここで 述べているDFとの距離とは、
ディフェンスが精一杯足を投げ出してもギリギリ届かない距離のこと。

この距離を正確に測ることができて、なおかつ
ディフェンスが下がれば詰める⇆詰めてくれば離れる
というように自在に調節できれば、無敵になれるということをロジック編【第4章②】 勝利が確定する瞬間でも述べています。

どうやって間合いを測るのか?
結論から言ってしまうと、経験を重ねていくしかありません。
この距離はボールに触られた、この距離はちょっと遠くて抜き切れなかった...
試行錯誤と反省を積み重ねて、この距離なら触られない&抜ける!と自然に間合いを感じられるようになっていきます。
ロジック編を読んで抜ける原理を理解していれば、経験を重ねていつかこの間合いを体得できるようになりますが、一気に近道できるテクニックを伝授します。
そのテクニックとは、あるものを「物差し」にして間合いを測る、ということなのですが、実は下の動画にヒントが隠されています。分かりますか?

この続きをみるには

この続き:1,550文字/画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
全21巻 単品価格10,500円→21巻セット価格7,000円 ⚠️単品での購入と同じ内容となりますので、 単品購読されている方は間違えてご購入しないよう気を付けて下さい。

【テクニック編】 全21巻フルセット価格 7,000円 ロジックを実践するテクニックが身につきます

または、記事単体で購入する

テクニック編 第1章② 距離を測る

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『多くの失敗や否定に感謝できた日』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n06ceec437a73 『岡部将和プロフィール』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n7d7468e0d7fc

70

ドリブルデザイナー 岡部将和

『ドリブル』を言語化し間合いを可視化するドリブル専門指導者 【99%抜けるドリブル理論】をnoteで配信中。 サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョなどスター選手と共演 ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい

【テクニック編】全21巻セット

【テクニック編】 全21巻フルセット価格 7,000円 ロジックを実践するテクニックが身につきます
11つ のマガジンに含まれています

コメント1件

質問お願いします。間合いに入った時点で臨戦タッチになっている。というのは分かったのですが、実際ボールをもらった所からやってみると、運ぶ➡タッチの切り換え➡臨戦に行くまでのタイミングが掴めません、、
ちょっと遅くなると、いつの間にやら相手の足の届くエリアに入ってしまっています 泣
その前のタイミングのコツ、臨戦の45度エリアみうになにか、具体的なものがありましたら、教えて下さい!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。