ドリブルデザイナーが予想する新時代
見出し画像

ドリブルデザイナーが予想する新時代

ドリブルデザイナー 岡部将和

最近よくテレビ出てますよね?と言われるので
何に出演したか振り返ってみた。(※Wikipedia 「岡部将和」参照)

僕のTV出演の歴史はジャニーズのHey!Say!JUMPさんの番組から始まり
今では17回、次の『嵐にしやがれ』で18回目になる


数え切れるくらいだけど、まあまあ出てるな 笑

僕は、SNS→TVとタイプなのでテレビ業界の勝手が分からない。
それがゆえに感じるのは、TVのプロフェッショナル感だ。
タレント、プロデューサーさん、ディレクターさん、カメラマン、音声さん、メイクさん、その他多数にわたり全員に役割がありチームでないと作れないスケール感のものを毎日複数手掛けている。

僕の本業は別であるけど、この業界でお仕事させて頂くことは
とても学ぶ事があり楽しくて幸せを感じる。

今後は、TVタレントがYOUTUBEも始めてきている様に
TV業界のスペシャリストの面々も活躍の場を広げてくると思う。
そうなってくると、人との差別化を図るには力で競う事以上に
自分らしさが大切になってくるだろう。

テレビとネットだけの話じゃない。サッカーの指導者だっでそう。
今後は間違いなくスペシャルな人が活躍の場を広げてくることになる。

No.1くらいの実力がないと、自分らしさがないときっと淘汰されてしまう。

想像してみて欲しい。
メッシがバーチャル技術で目の前に現れて
子供たちにサッカーのコツを伝えてくれるアプリができたとする。
しかもメッシのポケットマネーで全部無料でできる。
経験談だって、練習法だって何だってメッシが教えてくれる。

それでもあなたの元で指導を受けてくれる人はいますか?

いてくれると思った人はきっと自分らしさがあると思う。

これは極論だけど、そんな時代がすぐそこまできてる。


バーチャルでNo.1が増やせる時代
No.2よりOnly.1の価値が出る時代

どうしよう。
自分らしさって何だろうという人がいるかもしれない。
きっとここに気付いていない人は多くいるが、全ての人が既にOnly.1だ。
No.1決め(競うこと)に寄せて自分らしさを見失わなければ
今以上に楽しい事が待っていると思います。

普通こうする。周りはこうしてる。その言葉に価値はない!

あなたは何をしたい?  今からでも遅くない!

 行動しよう!挑戦しよう!



ドリブルデザイナー 岡部将和
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中 サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演⚽️