各章の表題_note_3-4

タイミングを計るための距離感

玉乗り股抜き編後半は、どうやったら抜けるか
についてフォーカスしていきたいと思います。

抜くために必要な要素は、何と言っても
タイミングですよね!

まるで示し合わせたように
DFが足を出すと同時に横へかわし
足が伸びきったところを股抜きする。

示し合わせた



DFが足を出すタイミングを読みきってこそできるこの芸当、
そのポイントを紹介していきます

何と言っても距離

やはりDFに対して「ボール取れそう」感が演出できると、
DFの足の出てくるタイミングが非常に読みやすくなります。

「取れそう」と思わせるにはやはり距離が重要。
足が届く距離内にボールがあって
オフェンスはボールに乗っててDF側に理がある
(実はオフェンス側に利があるのは前回解説の通りです)
なら、DFはまっすぐにボールに向かって足を伸ばしてきます。

伸びてくる





でもこの時、足が届く距離内にボールがある
といっても、距離が短すぎるのはNGです。

もちろん
近すぎるとDFの足をかわす余裕がない、という理由はあります。
でも一番の理由は
ボールが近すぎるとDFがボールに足を出してこない
からです。
ボールが近いと、DFは
ボールよりも体を入れにくる、体が抜ける経路を塞ぎにくることが多い
んです。

伸びてこない

この続きをみるには

この続き:1,878文字/画像6枚
記事を購入する

タイミングを計るための距離感

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『多くの失敗や否定に感謝できた日』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n06ceec437a73 『岡部将和プロフィール』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n7d7468e0d7fc

10
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。