各章の表題_応用技術編6-2

応用技術編6ー② いつ股抜きと判断するか

前回のおさらいになりますが、この親指股抜きは「カウンター系」股抜き。
DFが「取れるっ!」と足を伸ばしてきたところをカウンターで股を通していくので、基本的には
「DFが目一杯足を伸ばしてギリギリ届く距離」の中にボールがある状態です。

このカウンターで抜く親指股抜きの難しいところは、
判断が遅れるとボールを奪われてしまうこと。
いつ親指股抜きを発動するか、その判断が大事、ということです。

結論から言えば、
突き出してくる足が動く瞬間を見て(一点を見つめるのではなく、全体をボヤッと観るイメージで)判断しています。

画像1

この続きをみるには

この続き: 1,226文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
全25巻 単品価格12,500円→25巻フルセット価格8,400円

【応用技術編】全25巻 セット価格 8,400円 ドリブル理論を応用した上級者向けの内容となっています ⚠️単品での購入と同じ内容となりま…

または、記事単体で購入する

応用技術編6ー② いつ股抜きと判断するか

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

9
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中 サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演⚽️