各章の表題_応用技術編_キックフェイント

応用技術編2−③ 最速でシュートへ行く方法

前回のテーマは
足を投げ出さなけばブロックできない場所に飛び出す
でした。その飛び出す方法として「チョンドン」について解説したのですが、さらにもっと速く、最速で飛び出してシュートに行ける方法があります。
それがこれです。

画像1

どこかで見たような?笑
そうです、カットイン編で紹介した水たまりタッチです。
チョンドンもかなり全力で速度上げて撮影しましたが、水たまりタッチはタッチからシュートまで0.499秒、チョンドンの0.690秒よりもさらに0.2秒近く速いんです。チョンドンよりも更に30%近くタイミングを早めることができるんです。

画像2

水たまりタッチのコツは「水たまりタッチ編」を参照してください。
前回の「チョンドン」でのコツ、「振り下ろし」とタッチの考え方は同じで、タッチ後即着地が前提です。

画像3

もう少しこの「水たまりタッチ」について
より飛び出す力を強化する練習を紹介します。

上半身との連動

ここから先は

839字 / 6画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!