応用技術編2−③ 最速でシュートへ行く方法

前回のテーマは
足を投げ出さなけばブロックできない場所に飛び出す
でした。その飛び出す方法として「チョンドン」について解説したのですが、さらにもっと速く、最速で飛び出してシュートに行ける方法があります。
それがこれです。

どこかで見たような?笑
そうです、カットイン編で紹介した水たまりタッチです。
チョンドンもかなり全力で速度上げて撮影しましたが、水たまりタッチはタッチからシュートまで0.499秒、チョンドンの0.690秒よりもさらに0.2秒近く速いんです。チョンドンよりも更に30%近くタイミングを早めることができるんです。

水たまりタッチのコツは「水たまりタッチ編」を参照してください。
前回の「チョンドン」でのコツ、「振り下ろし」とタッチの考え方は同じで、タッチ後即着地が前提です。

もう少しこの「水たまりタッチ」について
より飛び出す力を強化する練習を紹介します。

上半身との連動

この続きをみるには

この続き:890文字/画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

キックフェイントでDFを完全に置き去りに! 引っかかる時引っからない時を知れば、自ずとキックフェイントが使えるようになってきます。

または、記事単体で購入する

応用技術編2−③ 最速でシュートへ行く方法

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『多くの失敗や否定に感謝できた日』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n06ceec437a73 『岡部将和プロフィール』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n7d7468e0d7fc

11

ドリブルデザイナー 岡部将和

『ドリブル』を言語化し可視化するドリブルの専門指導者 【99%抜けるドリブル理論】をnoteで配信中。 サッカー日本代表選手達にもドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョなどスター選手と共演している ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい

★定期購読【応用技術編】 理論を応用したテクニック

毎週ドリブルが進化していくドリブルマガジン 【定期購読】(月額1000円 ) ※登録した月から全記事 読み放題 毎週1巻 更新 (月4作品)
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。