応用技術編2−①キックフェイントのロジック

99%抜けるドリブル理論は
ロジック×テクニックで出来ていると解説してきましたが
このキックフェイントもまた、
ロジック:キックフェイントに引っかかるタネ
テクニック:タネを実現するためのタッチ・体の使い方
で出来ているんです。

キックフェイントの動作(テクニック)自体は
蹴るフリをするだけなので誰にでもできます。

でもキックフェイントをしたからと言って、
必ずしもディフェンスが引っかかる訳ではないですよね

引っかかるキックフェイントには必ず引っかかるだけの理由がある。

引っかかる理由(ロジック)にフェイント動作(テクニック)が合わされば
ディフェンスが吹っ飛ぶようなキックフェイントができる
という訳です。

**どんな状況でキックフェイントは有効か**

ディフェンスがキックフェイントに引っかかる理由を一言で表すと
足を投げ出さなければブロックできないからです。

ポイントは「足を投げ出す」というところ。
ディフェンスが「足を伸ばす」くらいでコースを塞げるのでは、
フェイント後も振り切れません。

切り返されたら後が無い!
というくらい足を 「投げ出さないと止められない」 状況が必要です。

これは裏を返せば「足を投げ出せばブロックできる」と言う事でもあります。

この一言には多くの含みがあるので、1つ1つ解説していきます。

この続きをみるには

この続き:1,584文字/画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

キックフェイントでDFを完全に置き去りに! 引っかかる時引っからない時を知れば、自ずとキックフェイントが使えるようになってきます。

または、記事単体で購入する

応用技術編2−①キックフェイントのロジック

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『多くの失敗や否定に感謝できた日』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n06ceec437a73 『岡部将和プロフィール』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n7d7468e0d7fc

19

ドリブルデザイナー 岡部将和

『ドリブル』を言語化し可視化するドリブルの専門指導者 【99%抜けるドリブル理論】をnoteで配信中。 サッカー日本代表選手達にもドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョなどスター選手と共演している ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい

★定期購読【応用技術編】 理論を応用したテクニック

毎週ドリブルが進化していくドリブルマガジン 【定期購読】(月額1000円 ) ※登録した月から全記事 読み放題 毎週1巻 更新 (月4作品)
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。