テクニック編5章__表題

テクニック編第5章④ 勝負の神は細部に宿る

前回ササクレでのスピンが「ササクレブーメラン」という形で、
走りにとっても、DFを振り切る点でもいかに実用的であるか
解説しました。
最後に、このテクニックの最も重要な意義について補足説明をします。

ボールは危険区域に侵入する


ここまでロジック編・テクニック編を読んで頂いてきた方の中には、

あれっ、ボールが「DFが思い切り足を伸ばしても届かないギリギリの距離」内に入ってないか?

と感じたかもしれません。

そうなんです。
これまでボールも体も「DFが思い切り足を伸ばしても届かないギリギリの距離」に入らないようにコントロールしてきましたが...

いざ縦一閃!
となったら、ボールだけは「DFが思い切り足を伸ばしても届かないギリギリの距離」に侵入することも可能です。
なぜならボールはDFよりもずっと速く動けるから。
自分の体はDFの速度とそこまで変わらないので、しっかりDFの届く範囲円の外を行きます。
侵入するとはいっても、あまりにDFに近い場所だとインターセプトされちゃうので、DFが届く範囲円の外側に近い部分に限ります。
ボールは「DFが思い切り足を伸ばしても届かないギリギリの距離」の少し中を
体は「DFが思い切り足を伸ばしても届かないギリギリの距離」の外を行く

というイメージです。


どれくらいまで中を通っても大丈夫なのか?という問いについては、
タイミングやボールの動く速さによっても変わるので一概には言えませんが、
99%抜くドリブルであろうとするなら、
最も反応の早いDFを想定し、行く瞬間が相手にバレていても触られない場所
をイメージすることが大切です。

大切なのはDFの足がそこに到達するまでの「時間」
踏切の遮断機を想像すると良いかもしれません。
初めボールはDFの範囲円内に入って良くても、体が通過する頃には閉まっているから外側へ避ける、というイメージです。


「抜けた」先にあるもの

こんな風にDFの近くを「えぐる」ようにドリブルして体は安全な場所を行くときに活きてくるのがササクレブーメランです。

 もしDFの届く範囲内をえぐったボールがまっすぐ転がったとしたら...
 ブーメランで戻ってきた場合と比べると下の図のようになります。

この続きをみるには

この続き: 1,242文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
全21巻 単品価格10,500円→21巻セット価格7,000円 ⚠️単品での購入と同じ内容となりますので、 単品購読されている方は間違えてご購入しないよう気を付けて下さい。

【テクニック編】 全21巻フルセット価格 7,000円 ロジックを実践するテクニックが身につきます

または、記事単体で購入する

テクニック編第5章④ 勝負の神は細部に宿る

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

24
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演⚽️ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい

こちらでもピックアップされています

★定期購読 岡部将和ドリブルnote (毎週更新)
★定期購読 岡部将和ドリブルnote (毎週更新)
  • ¥1,000 / 月

日々ドリブルが進化していく毎週更新型マガジン ドリブルデザイナー岡部将和の全てがここに! 毎週1巻 更新 (月4作品)【定期購読】月額 1000円 ※登録した月から全記事 読み放題

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。