テクニック編第5章_表題

テクニック編第5章② ササクレで「こする」!?

この章では
なぜ、縦一閃(縦ドリブル)の加速には
【こする】ようなタッチが理想なのか
を徹底的に解析します。

 前回も紹介したペイントのスロー映像をもう一度見てみましょう。



スロー映像の通り、ボールを押すというよりも
ボールの正面をササクレでこすり上げています。
解析の結果、それが1番縦一閃(縦ドリブル)に適していることが分かりました。

なぜ1番縦一閃に適しているのかー
まずボールを蹴る前のフォームを考えましょう。

縦一閃の直前、足は下の図のように置かれます。
右足はササクレタッチでボール運び
左足は軸足リード状態にあります。

ではここで問題です。
ササクレタッチで一気に縦一閃(縦ドリブル)したとき、
次の一歩はどこに着地するのが理想でしょうか?

大切なのは99%抜ける=DFに触られない位置かどうか
そこで「DFが思い切り足を伸ばしてもギリギリ届かない距離」を今一度考えてみましょう。

すると、次の一歩は下の図のように「DFが思い切り足を伸ばしてもギリギリ届かない距離」の外側が理想的であると分かるはずです。
DFが出してくる足をかわしながら走っていくイメージですね。

矢印に示すように、足は弧を描きながら着地に向かいますが、このとき
より走りやすいようにつま先を前に向けて着地します。

ここでポイントになるのが、「こする」動作。
ただ何となくつま先を前に向けて着地するんじゃなくて、
ボールタッチの瞬間足首を内側にスナップして、わざと「こする」んです。
↓↓ボールタッチの瞬間スナップでこすってますよね!

アニメーションだと下のような感じです。

わざと「こする」一番の理由は
ボールタッチに走りを邪魔させない
ようにすることです。

走りにボールタッチを組み込みたい。
でも結局ボールタッチってつまづく段差のようなもので、
「引っ掛かり」=抵抗
でしかないんです。

だから
抵抗に負けないように、足首スナップします。
スナップの力でボールの「引っ掛かり」を吹き飛ばすというか。

引っ掛かりがなくなれば、走る動作が滑らかになり、スピードも上がります。

ちょっと遠回りでしたが、これが冒頭に出した
なぜ【こする】ようなタッチが理想なのか 
という問いに対する答えです。一言で示すなら

足首をスナップさせて「こする」ボールタッチをすることで、滑らかに加速しながらDFの届かない場所へ着地できるから

ということです。

ちなみに、スナップでこすることに集中しすぎてしまうと、下のアニメーションのようにボールが斜め方向に飛んでいってDFに奪われてしまうことも。

スナップに集中するあまり足が前に振り出せないこともあるので、
あくまで、タッチの瞬間かその直前にスナップする
というイメージを大切にしましょう。
踏み出して →  ボールタッチ&スナップ  →   より前に着地
の流れです。

次回は、この「こする」タッチによって掛けられたスピンで
自分よりにボール3個分ほど戻ってくる!
驚異のドリブル「ササクレブーメラン」

テクニック編第5章③ ササクレブーメラン へ続く

※本マガジン・各記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
全21巻 単品価格10,500円→21巻セット価格7,000円 ⚠️単品での購入と同じ内容となりますので、 単品購読されている方は間違えてご購入しないよう気を付けて下さい。

【テクニック編】 全21巻フルセット価格 7,000円 ロジックを実践するテクニックが身につきます

または、記事単体で購入する

テクニック編第5章② ササクレで「こする」!?

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『多くの失敗や否定に感謝できた日』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n06ceec437a73 『岡部将和プロフィール』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n7d7468e0d7fc

20
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。