見出し画像

ダブルタッチ ドリブルマーカー15

みんな大好きダブルタッチ!今回はダブルタッチをドリブルマーカーで
分かりやすく解説していきます。

画像1


ダブルタッチは過去にも書いた通り
「逃げ」と「突破」を同時にできるマルチタスク技です。

画像2

動作は見ての通り
片足のインフロント〜インサイドでずらして「逃げ」て
逆足のインサイドで受けて前に向かって押し進んでいく「攻め」ていく
とてもシンプルなモーションでできています。

ところがドリブルマーカーの観点で考えると、同じダブルタッチでも
全く違う2つのパターンに分類できます。

空踏みがあるかないか

それはとっても単純で、
ファーストタッチの足が一度地面を踏み込む【空踏み】があるかないか。

それぞれのパターンをドリブルマーカーで示してみました。

からぶみあり2

画像3

画像4


基本的に【空踏みあり】の方が
ボールを正確にタッチでき、サイドステップの幅も広く取れるのでダブルタッチを行うには有利に働きます。一度空踏みしているので、地面を踏みしめて十分に力が入った足でタッチできるのは大きな利点です。

逆に【空踏みなし】の場合は、空中を振り下ろす足でファーストタッチするので、ちょっと難易度が上がりますし、幅も【空踏みあり】ほど広くは移動できません。

ここでの【空踏み】はダブルタッチの【準備動作】です。
基本的にダブルタッチは足を出してきたDFに対するカウンターですが
準備あり=【空踏みあり】で誘ってからカウンターする場合と
準備なし=【空踏みなし】で急に出された足にカウンターする場合

の2種類に分けられます。

【準備あり】空踏みで誘ってカウンターダブルタッチの例


 空踏みすることでDFの足を誘ってカウンターダブルタッチの例です。

画像15

この続きをみるには

この続き: 2,583文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
20巻セット価格 3,500円(単体価格10,000円)

ドリブルマーカーを使ってドリブルのステップを可視化 ⚠️単品での購入と同じ内容となりますので、単品購読されている方は 間違えてご購入しない…

または、記事単体で購入する

ダブルタッチ ドリブルマーカー15

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中 サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演⚽️