応用技術編第4-1 エラシコを言語化する

まずはエラシコの動作について解説していきたいと思いますが、、、
がその前に!

そもそも、エラシコとは何なのか。


この言葉の定義から始めたいと思います。
言葉を定義することで、意外とコツや事実が見えてきます。

エラシコとは何か
アウトサイドで押し出して、インサイドで切り返す動作
という認識が一般的ではないでしょうか。

でも、これでは説明不十分なんです。これでは、
・アウトで押し出したあと、一拍置いてからインサイドで切り返す
というのもアリになっちゃいます。
これはエラシコとは呼べません。

エラシコとは
素早く一拍のタイミングでアウト→インで切り返す動作
という説明もあるかもしれません。
でも一拍という言葉は曖昧で、人によっては何が一拍なのか誤解が生じる可能性もあります。

僕が考えるエラシコの定義は
押し出したボールが加速している最中に、足がボールを追い越して切り返す動作
です。
これなら、
・アウトで押し出したあと、一拍置いてからインサイドで切り返す
は当てはまらないし、
・素早く一拍のタイミング
という要素も組み込まれていて、キレのあるまさにエラシコと呼ぶ動作だけを指し示す言葉です。


そして、エラシコには逆エラシコや空中エラシコなどもありますが、
全て上の定義が共通して当てはまるんです(だから敢えてアウトサイド、インサイドという言葉は入れていません)。

エラシコの定義はできました。
ここから動作のコツについて考えていきましょう。

この続きをみるには

この続き:1,418文字/画像9枚
記事を購入する

応用技術編第4-1 エラシコを言語化する

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『多くの失敗や否定に感謝できた日』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n06ceec437a73 『岡部将和プロフィール』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n7d7468e0d7fc

8

ドリブルデザイナー 岡部将和

『ドリブル』を言語化し可視化するドリブルの専門指導者 【99%抜けるドリブル理論】をnoteで配信中。 サッカー日本代表選手達にもドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョなどスター選手と共演している ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい

★定期購読【応用技術編】 理論を応用したテクニック

毎週ドリブルが進化していくドリブルマガジン 【定期購読】(月額1000円 ) ※登録した月から全記事 読み放題 毎週1巻 更新 (月4作品)
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。