各章の表題_魅せ技1-2

魅せ技編1ー② ハリケーンの間合いとコツ

ハリケーンの動作は前回網羅していきましたが、
動作は覚えたけど
実戦でいつ使うの?
どこで使うの?
そんな疑問に答えていきたいと思います。

遠目の距離から仕掛け始める

DFと対峙する角度はそこまでシビアではありませんが、
重要なのは距離!
ルーレット→両足リフト→ヒールシャペウ、
せっかく各動作が動作が成功しても
ヒールで蹴ったボール(あるいは蹴る前)が
DFの足やヘディングに阻まれたらおしまいです。

ルーレット→両足リフト→ヒールシャペウ
と動作が進むにつれてDFとの距離は近くなっていくので
「DFが目一杯足を投げ出してギリギリ届く距離」
よりも倍くらい離れた距離からルーレットを始めて、

ヒールキックの時にDFの足やヘディングに阻まれないようにしましょう。

画像1

この続きをみるには

この続き:1,823文字/画像14枚
記事を購入する

魅せ技編1ー② ハリケーンの間合いとコツ

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『多くの失敗や否定に感謝できた日』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n06ceec437a73 99%抜けるドリブル理論(無料版) https://ja.dribbledesigner.com/n/n7ec5ec604e39

5
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい

この記事が入っているマガジン

★定期購読 岡部将和ドリブルnote (毎週更新)

  • 91本
  • ¥1000
★定期購読 岡部将和ドリブルnote (毎週更新)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。