見出し画像

②右サイドで勝負する

ドリブルデザイナー 岡部将和

フットサルの試合(サッカーにも活きますよ!)の流れの中でドリブルを活かす本シリーズ。
今度は右サイドでボールを持った時、ドリブルでどう打開していくかを考えていきたいと思います。
キーパーからボールを受けて、さあこれからどう切り崩していくか!?というシチュエーションです。

画像1

相手前にスペースが十分にあるので、まずは縦に向かってドリブルしました。相手キーパーが異様に前に出ているなど即得点に直結するパス・シュートがない限り、これが取るべき選択肢なのは自明だと思います。

画像2

キーパーはまだ見えてないですが、しっかりこちらを確認しながらゴール前に立っています。俯瞰した図は下の通りです。

画像3

ここから崩すのに、中央の味方と逆サイドの味方をどう活かすかがポイントです。

想定パターン①ピヴォ当て

ゴール前中央に位置する味方(ピヴォ)にパスを通すことを、フットサルでは「ピヴォ当て」と呼びます。フットサル経験者なら、このピヴォ当てが第一選択肢として上がってくると思います。

画像4

この続きをみるには

この続き: 1,804文字 / 画像14枚

記事を購入

500円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /