見出し画像

いいから詰めるんだ!

こんにちは、しょうごBOSSです。続きです。

なんだか乱暴な入りになっちゃいましたが、
僕がディフェンスで特に重要視している
「オフェンスとの距離を詰める」
ことから始めたいと思います。

詰める!

誤解している人が多いんですが
「距離を詰めたら簡単に抜かれる」
「かわされるのが恐くて詰められない」

って思っていませんか?

これは全部思い違いです!
距離を詰めなきゃディフェンスはもっと不利になります

でも、これだけで
「じゃあ詰めるか」
とはならないと思うので、
まずはディフェンスの基本から解説していきます。

【前提】
この最強DF論では、ドリブルデザイナー岡部と同じように、
1対1のシチュエーション限定で
どうやって相手のドリブル突破を阻止するか
だけにフォーカスを当てて解説していきます。
(他のDFとの連携やパスコース云々は考慮しないものとします)

DF最大の敵はスピード

僕がディフェンスする時に一番恐れていること
『オフェンスがスピードに乗ること』

です。一度スピードに乗った相手は、そう簡単には止められません。
個人差はあれど、誰でもスピードに乗るまでには必ず時間が掛かるので、
すでにスピードに乗った相手に追いつくことは困難、簡単には止められないんです。

画像1

逆に、オフェンス側が歩く程度のスピードでしか移動しないのなら、
どんなフェイントが炸裂したとしても止められます。

フェイント

だからDFとしては
オフェンスがスピードに乗っている状態はピンチ
オフェンスが低速、
あるいは止まっている状態はチャンス

ということです。
これは納得してもらえると思います。

では、もしあなたが1対1のディフェンスをしていて
(オフェンスは静止、あるいは超低速の状態)
例えば相手がネイマール選手のような超俊敏なドリブラーだったら
距離を詰めますか?詰めませんか?
(下の写真は僕が実際のネイマール選手と対峙した時の写真です 笑)

この続きをみるには

この続き:2,267文字/画像7枚
記事を購入する

いいから詰めるんだ!

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『多くの失敗や否定に感謝できた日』 https://ja.dribbledesigner.com/n/n06ceec437a73 99%抜けるドリブル理論(無料版) https://ja.dribbledesigner.com/n/n7ec5ec604e39

26
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演ドリブルを通して『挑戦する素晴らしさ』を表現したい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。