17節 ヒールリフト(カウンター型)
見出し画像

17節 ヒールリフト(カウンター型)

前回は通常の左右抜き(ボールがDFの左右どちらかを通過する)に加え
股抜き、ボールがDFの両足の間を通過するパターンについてドリブル音楽論に沿って解説しました。
今回は最後の通過場所、「頭上」、
頭上=シャぺウ、今回はヒールリフトについて解説していきます。

ヒールリフトには2種類ある

ヒールリフトにはアクション型とリアクション型があって、
アクション型=積極的に仕掛けに行く

ヒールリフト 1


リアクション型=カウンターで抜く

ヒールリフト 1_1

の2パターンに分類することができます。
どちらのヒールリフトも有効で、99%抜けるドリブル理論の基本は
アクションドリブル!
...なのですが、まずはハーモニー(駆け引き)という側面がより強いリアクション系のヒールリフトについて掘り下げていきたいと思います!
この音楽論で表現されたヒールリフトの音と、その解説を読めば、
試合で繰り出せて、結果を残せる(得点やチームの勝利に貢献する)ヒールリフトが
あなたのものになるはずです!

ヒールリフトの音

では、いつも通りまずは「聴く」ことから始めましょう!

この続きをみるには

この続き: 3,565文字 / 画像12枚
記事を購入する

17節 ヒールリフト(カウンター型)

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中 サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演⚽️