トレーニング編3−2 水たまりタッチ完全攻略
トレーニング編3-2表題

トレーニング編3−2 水たまりタッチ完全攻略

前回書いたように、水たまりタッチは「足合わせ」の技術です。
この足合わせで届きそうかも!?と思うDFを剥がしつつシュートを放ちます。
DF視線イメージ↓

画像1

繰り返しになりますが、水たまりタッチ=「足合わせ」の技術。
つまり足が合わない時に使うことが多いので、練習も「足が合わない」シチュエーションを作るところから始めましょう。

水たまりタッチ&シュートから始める

画像2

画像3

まずはゆっくりで良いので、大股で水たまりをまたぐようにタッチ、そのままシュートに行ってみましょう。リズムやタイミングが独特なので、まずは見よう見まねで慣らしていきましょう。 

置いたボールでカットイン&水たまりタッチ


置いたボールから
やや短めにカットイン→水たまりタッチ→シュート
でやってみましょう。

画像4

画像5

ここでボールタッチについて考えましょう。
カットインのボールタッチはやや短めに、そして
水たまりタッチはさらに小さくして足を合わせます。

画像6


そして何と言っても水たまりタッチが重要です。
ポイントは「着地寸前にタッチ」すること。
=タッチ後に即着地 と考えても良いかもしれません。

画像7

こうすることで、次の「軸足セット」がスムーズにできるようになります。
そして何より「軸足セット」が最重要ポイント!
着地寸前の水たまりタッチをしながら、軸足をどこにセットするかしっかりイメージしましょう。
意外と遠くに着地してますよね。
水たまりタッチも大股ですが、実は軸足もかなり大股なのが下の映像から判ると思います↓

画像8


「軸足セット」できる幅にはもちろん限界があります。だから、水たまりタッチは繊細にコントロールが必要です。
 タッチが強すぎるとシュートは流れやすくなってしまうので、繊細にタッチしつつ大股で軸足合わせする、という高度な動作が求められます。
タッチが強すぎて足が合わない例↓

画像9

画像10

慣れてきたら実戦をイメージして、
縦の圧からのカットイン→水たまりタッチ→シュート の流れでやってみましょう

画像11

画像12

この水たまりタッチはDFを剥がすだけでなく
シュートの角度を調整する機能もあります。特にカットインが真横、あるいはマイナスになった際には、この水たまりタッチが機能を発揮します。

画像13

とにかく便利な水たまりタッチ、無意識に発動できるまで練習して、ドリブルからのシュート・パス成功率をアップさせて下さい!

次回は、
自分より身体能力の高いDFを打開する時や
距離を詰めずに戦わないDFに有効な3歩縦一閃

この続きをみるには

この続き: 72文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
全12巻 単品価格6,000円→12巻フルセット価格 4,000円 縦一閃・カットインからシュート 試合で使えるようにするために必要なテクニック。 これらをカラダへ落とし込むトレーニングをお届けします! ⚠️単品での購入と同じ内容となりますので、 単品購読されている方は間違えてご購入しないよう気を付けて下さい。

【トレーニング編】 全12巻フルセット価格 4,000円 意識する事で毎日のトレーニングから変える!

または、記事単体で購入する

トレーニング編3−2 水たまりタッチ完全攻略

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中 サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演⚽️