見出し画像

ドリブル音楽論 第9節 スクラッチ

ドリブルデザイナー 岡部将和

今回はスクラッチを音楽論で表現します!
スクラッチは僕が
「DFが足を投げ出してギリギリ届かない距離」を保ちながら
「ヨーイドンで絶対勝てる角度」へ忍び込む
ために多用するテクニック。

スクラッチ特殊修正

今までドリブルマーカーや技術編でも取り上げてきた
非常に使えるフェイント技です。
僕の場合は「多用する」というよりも流れで自然に出てしまう、というくらい
選手時代からずっと使い続けてきた技術です。

スクラッチの難しさ

スクラッチ自体はそこまで複雑な動きではありません。
ボールを押し出して→戻す。
この単純な2つの動作からそのままバックステップして、
押し出されたボールにDFが引き付けられている隙に
より浅い角度へと忍び込んでいく、というもの。

この続きをみるには

この続き: 1,679文字 / 画像5枚

ドリブルを音楽=リズム・メロディ・ハーモニーで学ぶオリジナルコンテンツ!前編は縦一閃とその応用ラボバ、キックフェイント、そしてカットインとその応用であるキックフェイントやエラシコ、ワイパータッチなど基本的なテクニックを網羅しています!

ドリブルを音楽=リズム・メロディ・ハーモニーで学ぶオリジナルコンテンツ!前編は縦一閃とその応用ラボバ、キックフェイント、そしてカットインと…