ドリブル音楽論第13節 ワンビート
見出し画像

ドリブル音楽論第13節 ワンビート

皆さんこんにちは、ドリブルデザイナーです。
今回のテーマはワンビート!クリスティアーノロナウド選手がよく使うので、
「クリロナターン」とも呼ばれていますが、僕もよく使います笑

ワンビートの素 材

この技は併走するDFの裏を衝くテクニック。
DFが併走しているなら、こちらが一瞬止まれば、相手はその一瞬進行方向へ流れていくはず→その流れた分、空くであろうスペースに、軸裏通しのキックでボールを流し込んでおく→裏を取って次のプレーへ
 つまり、このテクニックは完全に相手の動きを読み切っておかないと成立しない、という結構難易度が高い(動作自体は簡単でも)技術でもあります。

この相手の動きを見越したワンビート、もちろん一朝一夕でマスターすることは難しいです。でも正しい形で反復を重ねれば、試合で使える形に最短ルートでたどり着くことができます。
リズム(動作・ボールタッチのタイミング)
メロディ(仕掛けからフィニッシュまでの流れ)
ハーモニー(DFとの駆け引き)

をまとめて覚えられるこのドリブル音楽論が、ガッチリサポートします!

この続きをみるには

この続き: 2,164文字 / 画像7枚
記事を購入する

ドリブル音楽論第13節 ワンビート

ドリブルデザイナー 岡部将和

500円

『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中 サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演⚽️