応用トレーニング編第3章 プロローグ 股抜きを言語化する
各章の表題_応用技術編3プロローグ

応用トレーニング編第3章 プロローグ 股抜きを言語化する

ドリブルデザイナー 岡部将和

応用技術編第3章は股抜き!
前回のキックフェイントに続き、華のある、特にテクニックが際立つ大技です。
これまでYoutube動画でも色々なまた抜き技を出して来ましたが、
今回はその 股抜きの方法を全て言語化します。

画像1


本章はこの↓小指股抜き!コレを読めば、この実戦での威力抜群の股抜きをマスターできちゃいます!

画像2

これまでと同様、ロジックとテクニック
に分けて解説していきます。

なぜ股抜きができるのか。
そのロジックを一言で表すと
DFが足を出さざるを得ない状況で
空いたコースに行くと思わせて股下にボールを送りこむから

です。
実はこのロジックに合わない股抜きもあります。
最初の動画にもありますが、
ボールに乗ってDFが足を出してきた所で発動する股抜きは
空いたコースに行く、という概念は無いのでこれには該当しません。

上のロジックに補足、というか前提を入れるなら、
「試合で使える」股抜きのロジック
です。

とはいえ、
DFが足を出さざるを得ない状況ってどんな状況?
空いたコースに行くと思わせて ってそれができれば苦労はしない!
って思いますよね。

それを明らかにするためにまずは
「試合で使える」とはどういうことなのか。
これを徹底的に掘り下げていきたいと思います!

応用技術編第3章① 股抜きを言語化する へ続く

※本マガジン・各記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

この続きをみるには

この続き: 0文字

日々ドリブルが進化していく定期購読マガジン ドリブルデザイナー岡部将和の全てがここに! 岡部独自の視点から、世界で活躍する選手のドリブル…

ドリブルデザイナー 岡部将和
『ドリブル』を言語化するドリブル専門指導者【99%抜けるドリブル理論】配信中 サッカー日本代表選手達にドリブルを伝え、ネイマール、ロナウジーニョ達と共演⚽️